ちゅらトゥースホワイトニングの効果的な使い方 3ポイント!

ちゅらトゥースホワイトニングの効果的な使い方 3ポイント!

 

ちゅらトゥースホワイトニングの使い方は公式ショップサイトにも書いてあるとおり

 

@.歯を磨いた後、歯ブラシにちゅらトゥースホワイトニングをつける
A.やさしくブラッシングをする
B.吐き出すだけ

 

この3ステップです。
でも、これに加えてあと3つの点を意識すると、より効果的に白い歯を目指せると思いますよ!

 

使い方というよりは、使うタイミングや道具の話になりますが、ぜひ参考にしてください。

 

効果的な使い方3ポイント!

@.食後にあまり時間を空けずに磨く!

シンプルな話ですが、歯にステイン(着色汚れ)がくっついてなかなか取れなくなるのは、食べてからしばらく放置していることが多いからです。
逆に言えば、食べたあとに早めに歯磨きをすることでステインを事前に防げます!

 

さらに、もともと付いているステインもちゅらトゥースホワイトニングで落とすことになるので

 

黄ばみ予防+ホワイトニングを効率的に行えるんです!

 

ちなみに、テレビ(ためしてガッテンでしたっけ?)で、食後30分は歯を磨いてはいけないってありましたよね。
あれはちょっと誤解があります!

 

基本的には、食後はすぐに磨いたほうが良いですよ!

 

話題になった『食後30分は歯磨きNG!』その真相は?

口の中にいる虫歯菌が食べカスなどをエサに酸を生み出して歯を溶かしていきます。
もしも、食後30分放置するとなると、歯を溶かしているのを黙って見ていることになります。

 

そもそも、食後30分間は歯磨きNG!というのは、唾液が多いアメリカ人向けの内容です。
日本人は唾液の分泌量が少なくて、食後30分過ぎても再石灰化が十分にされません。

 

例外として、もともと歯が溶けている『酸蝕症(酸性の食品が原因)』の方だと、食後30分後に磨いたほうが良いのはほんとうです。

 

簡単にまとめると

 

・アメリカ人や酸蝕症の方 → 食後30分以上は時間を置いたほうが良い
・それ以外の方 → 食後すぐに歯を磨いたほうが良い
これが正解です。

 

A.ワンタフトブラシを駆使する!

ちゅらトゥースホワイトニングを特別モニターコースで購入すると、特典でワンタフトブラシというのが付いてきます。

 

ふつうのブラシって、実はけっこう磨き残しがあるものです。
ワンタフトブラシはブラシ部分が小さく、歯の奥やすき間、歯の裏側もキレイに磨けます!

 

これはホワイトニングするときも同じで、ワンタフトブラシを使ったほうが歯のすみずみまでちゅらトゥースホワイトニングの成分を届かせられるのでオススメです!

 

ブラシが小さいので、磨くのに時間がかかるのがネックですが、より効率的に白い歯に近づけるかと思います!

 

B.使う量を増やすよりも回数を増やす!

「なかなかホワイトニング効果が実感できない…じゃあ、量を増やせば!」

 

って考える方がいるかもしれませんが、一度にたくさん量を使うよりは回数をこなしたほうが良いです。

 

人は、食事や間食、糖分入りの飲料水を飲んだりと、とにかく着色しやすい環境ができてしまっています。

 

それが黄ばみになる前に歯磨きをしてステインになるのを防ぐことが大事です!

 

あと、単純にちゅらトゥースホワイトニングを何度も使ったほうがよりはやく実感しやすいと思います。

 

また、上の3ポイントは

 

・虫歯予防
・歯周病予防
・口臭予防

 

としても大事なので、ぜひ実践して健康的な歯を手に入れてください!

 

>>ちゅらトゥースホワイトニングを購入&体験して分かった5つの点