ちゅらトゥースホワイトニングの全成分と効果・効能!安全性は?

ちゅらトゥースホワイトニングの全成分と特徴!安全性は?

 

ぶっちゃけて、ちゅらトゥースホワイトニングの安全性ってどうなんでしょうか?

 

「研磨剤が入っているんじゃ?」
「合成界面活性剤とかは入っていない?」
「副作用みたいのがないか心配…

 

公式ショップサイトだと全成分表が書かれていませんし、ちょっと不安ですよね…
なので、ここでは全成分と効果・効能など調べたことを書いていこうかと思います!

 

ちゅらトゥースホワイトニングの全成分と効果・効能!

ちゅらトゥースホワイトニングの全成分は?

【基材】
精製水
【潤滑剤】
濃グリセリン、オウゴンエキス、シャクヤクエキス、レモンエキス、1.3-ブチレングリコール、DL-リンゴ酸、
アスコルビン酸、ポリアスパラギン酸ナトリウム液、ウーロン茶エキス、茶エキス(1)、ホップエキス
【清涼剤】
エタノール、I-メントール、無水エタノール
【pH調整剤】
無水クエン酸、メタリン酸ナトリウム
【粘度調整剤】
キサンタンガム、カルボキシメチルセルロースナトリウム
【可溶化剤】
ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油
【矯味剤】
ステビアエキス、キシリット
【着香剤】

香料(スペアミント)
【保存剤】
安息香酸ナトリウム
【薬用成分】
アラントイン、イソプロピルメチルフェノール
【安定剤】
天然ビタミンE
【着色剤】
青色1号

歯磨き剤1本にこれだけの成分が含まれているんですね…ここまで書いておいてなんですが、かなり驚きました!

 

確認してみたところ、とりあえずちゅらトゥースホワイトニングには研磨剤・発泡剤・溶解剤は使われていないようです!

 

■ラウリル硫酸ナトリウム ← 泡立ちを良くする(発がん性はないものの、皮膚刺激性が高い)
■プロピレングリコール ←液体を固まらなくする(皮膚障害や発がん性などの有害性あり)
■水酸化ナトリウム ← 研磨剤(味覚障害やアルツハイマーになる可能性が高くなる)
■POEアルキル ← 溶解剤(ステインを溶かすと言われているが、エナメル質も溶かす恐れあり)

 

まぁ、成分の危険性について言い出したらキリがないと思うんですが…
少なくともちゅらトゥースホワイトニングを1本、2本と続けてはいるものの

 

・歯や歯茎が痛くなった
・虫歯や歯周病になった
・身体に異変が起きた

 

といったことは起こってないので、そういう副作用みたいのは心配する必要はなさそうです。

 

ちゅらトゥースホワイトニングの効果・効能

■口臭の防止
■歯周炎(歯槽膿漏)の予防
■歯肉炎の予防
■むし歯を防ぐ
■歯を白くする
■口中を浄化する
■口中を爽快にする

 

このへんは、公式ショップサイトにも書かれている内容と同じですね。
ただのホワイトニング剤じゃなく、虫歯や歯周病予防のための歯磨き剤としても良さそうです!

 

実際、わたしは最近だとちゅらトゥースホワイトニングしか使っていませんが、いまのところ歯が虫歯で痛み出したり、歯肉が下がってきたり…ということは起きていません。

 

あと、これにはフッ素が入っていないので、歯のコーティング&虫歯予防に不安がありましたが、最近じゃもうそれも気にならなくなりました!

 

歯のヌメリ感もないし、まったく黄ばまなくなったので、たぶん新成分のGTOというのがきちんとコーティングしているんだと思います。

 

とりあえず半年間はちゅらトゥースホワイトニングだけで続けてみて、虫歯や歯周病になっていないか歯医者で検査をしてもらう予定です。

 

>>ちゅらトゥースホワイトニングを購入&体験してわかった5つの点!