ちゅらトゥースホワイトニングは差し歯を白くする効果はありそう?

ちゅらトゥースホワイトニングは差し歯を白くする効果はありそう?

 

「最近、なんだか差し歯の色が汚く感じてきた…」
「友達に歯(差し歯)が黄色くなったと言われた…」
「差し歯な上に黄色いし、人前で笑えない…」

 

といった、黄ばんだ差し歯にコンプレックスを感じる方にとって、ちゅらトゥースホワイトニングは役に立ってくれるんでしょうか?

 

まず、最初に言いますと、ちゅらトゥースホワイトニングは差し歯にも問題なく使うことはできます

 

たとえば、硬質レジンはプラスチック製ですが、ちゅらトゥースホワイトニングにはプラスチックを溶かすような成分は含まれていません。

 

もちろん、元の歯にもやさしい歯磨きジェルで傷める心配もないので、安心して使って大丈夫です(^^*)

 

ただし…?

ただし、黄ばんだ歯に効果があるかどうかは、その差し歯の汚れの原因によります!

 

差し歯を変えて数か月も経ってないのにすぐに黄ばんだ場合(歯の表面の汚れ)

趣向品(コーヒーや紅茶、タバコなど)など、ステイン(着色汚れ)で歯の表面が黄ばんでいる可能性が高いので、ちゅらトゥースホワイトニングの効果は期待できます

 

数年して歯が全体的に変色した場合(歯の中身が黄ばんでいる)

差し歯は数年するとすこしずつ歯の内側が変色していきます。
また、傷ついたすき間から汚れが入り込んで中が汚れている可能性があります。
そうなると、あまり役に立たないと考えたほうが良いです。

 

もしもあなたの差し歯が

 

■施術してからすぐ
■数か月程度
■1〜2年程度

 

など、そんなに長く経っていないのに汚れてきたら、ちゅらトゥースホワイトニングは試してみる価値はあると思います。